今日の給食


4月25日
ごはん
牛乳
鮭の野菜あんかけ
磯香あえ
田舎汁
2017/4/25(Tue)


4月24日
ごはん
牛乳
ビビンバ
みそキムチスープ
2017/4/24(Mon)


4月21日
たけのこごはん
牛乳
とり肉のから揚げ
野菜ソテー
ヨーグルト
2017/4/21(Fri)


4月20日
おかめうどん
牛乳
白身魚のこんがり焼き
切り干し大根のきんぴら
2017/4/20(Thu)


4月19日
黄飯
牛乳
かやく
とり天
春キャベツとひじきのあえ物


4月19日
「大分県の郷土料理」


「黄飯とかやく」は、大分県臼杵市の郷土料理です。臼杵市は、大分県の東南部に位置し、安土桃山時代には南蛮貿易が盛んに行われた商業都市でした。「黄飯」は、スペインのパエリアの影響を受けた料理だと言われており、臼杵の山野に自生する『くちなしの実』を使って、黄色いごはんを作ったそうです。また、江戸時代には、財政難により質素倹約が奨励され、慶事の際に出す赤飯の代わりに「黄飯」が出されたり、参勤交代の途中に、家来へのねぎらいのごちそうとしてふるまわれたりしていたそうです。

「黄飯」と一緒に出される「かやく」は、ごぼう、にんじん、だいこん、しいたけ、豆腐などの具材と、白身魚のすり身を炒め煮にした料理で、黄飯の上にのせて食べます。「かやく」だけでは、質素な料理ですが、黄金色の「黄飯」と組み合わせることにより、華やかになり、魅力ある料理になります。

そして、大分県の郷土料理としてよく知られている「とり天」も一緒にいただきました。
2017/4/19(Wed)


4月18日
ごはん
牛乳
ハンバーグ
こまつなのソテー
ぐる煮
2017/4/18(Tue)


4月17日
黒パン
牛乳
ポテトのチーズ焼き
アスパラサラダ
わかめスープ
2017/4/17(Mon)


4月14日
ごはん
牛乳
さばのみそ焼き
ハリハリ漬け
筑前煮
2017/4/14(Fri)


3月17日
赤飯
牛乳
いかの天ぷら
つぼん汁
小松菜のピーナッツあえ
お楽しみデザート



3月17日 「熊本県の郷土料理」

 今月は、熊本県の郷土料理を紹介します。
 「つぼん汁」は、人吉(ひとよし)・球磨(くま)地方の具だくさんのすまし汁のことです。この地域ではお祝い事の席には欠かせない汁物で、赤飯には必ず組み合わせて食べられています。つぼと呼ばれる深いお椀に汁を盛り付けることから『つぼの汁』が変化し、「つぼん汁」と呼ばれるようになりました。最近では、とり肉とたくさんの野菜が入り、栄養のバランスが良いという点からも注目されています。
 今年度も、「食育の日の献立」として、毎月、全国各地の郷土料理を実施してきました。何か印象に残っている物はありますか。
また、今日で、今の学年で食べる給食が終わりになりますが、苦手だったけど食べられるものが増えましたか。
今日の給食も、残さず食べましょう。

4月の給食は4月12日から始まります。
2017/3/18(Sat)


3月16日
ごはん
牛乳
さばのみそマヨネーズ焼き
切り干し大根の煮物
のっぺい汁
2017/3/18(Sat)


Page:[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15]

管理用
-Diary-